トレンドをみて考えておくこと

どうもノッティーです!

週明けのポン円は少しした窓スタートですね。

先週はトランプ大統領による中国への追加関税の発表の影響で、

FX市場が動き出し、円高の流れとなりました。

おかげでドル円は110円台を割り、ポン円も現在は142円半ば。


3月の終わりから始まった144円~146円のレンジもようやく終わりを告げて、

下の方に放たれてきているわけですが、今週はどうなるでしょうなぁ・・・。


僕個人としては、ちょっと戻しつつも141円くらいまでは下げるかな?

と考えています。

相場の状況も良くなってきているので、今週も動きがあれば嬉しいですな。


トレンドから見えること



トレードで言う「トレンド」とは、相場の向かう方向のことです。

上げていたら上昇トレンド、下げていたら下降トレンド・・・

となるわけですが、世の中には様々なトレンド判定方法があるわけです。

・ダウ理論
・移動平均線
・一目均衡表
・etc・・・


これらのトレンド判定方法について絶対的に正しいモノはありません。

どの判定方法であっても、長く続くトレンドが出てきたら、

どれであっても「トレンド」と認識されるでしょうからね・・・。

こういったトレンド判定方法は、人によって全く異なります。

ですが、共通しているのは「トレンド方向を知ることはトレードでは欠かせない」

という点でしょう。


では、なぜトレンド方向を把握しておいた方がいいのでしょうか?

それは、今後の動きを予測しやすくするためです。

「今はトレンド発生中」と判断した場合、基本的にはそのトレンドが今後も続く、

と考えます。

トレンドフォローであれば、自分なりの「トレンド終了」の状態になるまでは、

少なくともずっとそのトレンド方向の目線でトレードすべきです。


このように、自分なりのトレンドの始まりと終わりを定義づけて

検証&トレードしていったら、トレンドの中でも

・さらに伸びていきそうな状態
・もう伸びるのは厳しいそうな状態

が分かってきます。

となると、更に伸びていきそうな状態だったら、

積極的にトレンド方向に仕掛ければいいですし、

逆にもう伸びるのが厳しいと判断すれば、とりあえず見送ります。

人によっては、伸びるのが難しいと思ったところで逆張りする事もあるでしょう。


「トレンド」には寿命があります。

現在のトレンドが若いのかそれとも年老いているのかを判断するのも大事です。

まぁ若いトレンドなのに続くことなく事切れることもありますし、

「もう終わりでしょ?」と思うところから更に長生きすることもありますけどね・・・。


それでも、自分なりのトレンドの判断方法と、

トレンドの中でも、どういった状況の時に伸びやすいか、

逆にどういった状況の時に伸びにくいかの基準は持っておいた方が良いと思います。


僕はもう長い事GMMAを使ってトレードしていますが、

GMMAはトレンドの判定方法と「これから伸びるか否か」の判定が非常にしやすいと感じています。

これは僕だけの意見ではなく、教材を購入された多くの方々から

同じような意見を頂いています。

きっと、GMMAはそういう所が優れている指標なんでしょうね。


更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。



にほんブログ村 為替ブログへ

僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


スキャルでプライスアクションを重視できるか?

どうもノッティーです!

4月も中旬にはいりましたね。

相場の方は大きな窓が開くわけでもなく静かなスタートです。

先週のポン円は週前半は全く面白くないレンジ相場でした。

しかし、木曜日のニューヨーク時間から金曜日にかけて

上昇をはじめて、147.00円にタッチするも売られて現在は146.50円ほどです。


長らく111円台をウロウロしていたドル円が112円を突破して、

ちょいと活気が出てきたかな?という状況ですが、

ポンドルが完全にレンジにハマってますからねぇ・・・。


やはりドル円とポンドルに動きがないとポン円も期待できませんから、

両方がガッツリと動く相場を期待したいものです。


スキャルでプライスアクションを重視するか?



先週に「プライスアクションをどれくらい重視していますか?

という質問を頂いたので回答します。


「プライスアクション」というのは「価格の動き」という意味ですが、

まぁFX界隈ではローソク足1本~数本で織りなすフォーメンションのことを

指すことが多いですね。

昔から言われる酒田五法とかもプライスアクションに含まれると思います。

有名なモノとしては

・十字線(同時足、ピンバー)
・はらみ線、包み線
・スパイク
・ランウェイアップ・ダウン

などがありますね。

で、実際に僕がプライスアクションを重視しているかというと、

エントリーに関してはあまり意識していません。

せいぜい大陽線や大陰線くらいでしょうかね、意識するとしたら・・・。

そういったプライスアクションよりはGMMAやRCIの方を優先していますね。


その一方で、利食い関しては、プライスアクションをそれなりに意識しています。

ロングして、それなりに含み益が出た時に上ヒゲの長いスパイクが出たり、

陰線の包み線が確定したら「そろそろかな?」と考えます。

とは言っても、僕自身がそんなにプライスアクションに関する知識があるわけでも

使いこなせるわけでもありません。

あくまでもGMMAやローソク足の流れ的に「利食いが近いかな?」という状況で

特定のプライスアクションが出たら参考にする程度のモノです。

それが出たから利食いや損切りをする、というわけではありません。


そもそも、ローソク足のプライスアクションというのは、

1分足ではなく、もっと大きな時間足で効果を発揮します。

1分足レベルでは市場参加者の「総意」なんて反映されませんから・・・。


それに、プライスアクションで将来の動きを予測できたとしても、

せいぜい次のローソク足数本くらいのもんでしょう。

たかだか1本から数本のプライスアクションで長期の動きが高い確率で

予測できるとは思えませんし・・・・。


スキャルでプライスアクションを重視するかどうかはトレーダー次第ですが、

僕はそこまで強く意識はしていません。

それよりはもっと長い期間の推移を示すGMMAとローソク足の流れを

見るほうがトレンドフォローはしやすいかなと思っています。



更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。



にほんブログ村 為替ブログへ


僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細


スイング手法検証記 フィルタリング設定2

どうもノッティーです!

4月の2週目は静かなスタートですねぇ。

先週のポン円は月曜日から水曜日まででは上げたものの、木・金と下落。

週足では上ヒゲの長い陽線が確定。保合感満載です。


ポンド円週足

408.png


週足チャートをさかのぼって見ると2016年の終わりから現在にかけて

ほぼ140円~150円のレンジに収まっている現状が分かります。

そろそろ明確な動きが出ても良い頃合いです。(と思いたい・・・)

やはり現状を打破するのはブレグジットのネタでしょう。

今週に何かあれば・・・と思います。



フィルタリング設定に悩む2



先週の記事の続きになります。

先週は固まってきた手法のフィルタリングについて書きました。

実はもう少し書きたいことがあったのですが、

時間の都合で中途半端に記事を切り上げていたんですよ・・・。

そんなわけでフィルタリング話の続きです。


その前にもう一度手法のパフォーマンスについて書きたいと思います。

■ドル円(2018年分)
獲得pips:699.8pips
トレード回数:55回
勝率:61.8%
プロフィットファクター:2.30


悪くない数字じゃないですか。

フィルタリングなしでも十分だという声も頂きました。

検証した結果、ユロ円、ポン円、ポンドル等でもプラスの結果でした。


でもね、同じシステムをユーロドルで検証するとこうなるわけです。

■ユーロドル(2018年分)
獲得pips:-225.3pips
トレード回数:48回
勝率:43.8%
プロフィットファクター:0.795


はい、マイナスです。

システムで検証していたらこんなことよくあるんですが、

どう考えるべきでしょうか?


個人的には

「ユーロドルは合わないから除外しよう」

と言うのはあまり好きではありません。

元々ユロドルでスイングする気はありませんが、

トータルで負ける事が多いと言うことは、負けやすい相場が沢山あるわけです。

手法が負けやすい相場や流れはどんなモノのなのかを見ていけば、

連敗を減らしたり、トータルのパフォーマンスを上げられるヒントが得られます。


つまり、フィルタリングを考える上ではお宝が眠っている、と考えるわけですね。


そこで色々と検証して2種類のフィルタリングルールを作り、

その二つを組み合わせた最もきついフィルタリングを入れると、以下のような結果となりました。


■ドル円(2018年分フィルタリングあり)
獲得pips:225.3pips
トレード回数:26回
勝率:50.0%
プロフィットファクター:1.62


■ユーロドル(2018年分フィルタリングあり)
獲得pips:330.6pips
トレード回数:21回
勝率:57.1%
プロフィットファクター:2.21


ユロドルから得られた「負けやすい相場」を効率よく避けたルールを適用させて、

一番きついフィルタリングにすると、ユロドルは一気にプラスになりました。


しかし、残念なことにドル円はガクッとパフォーマンスが落ちています。

ドル円も一緒に結果が良くなればいいのですが、そんなに甘くないのよ・・・。

これがフィルタリングの難しさですよね。

あちらを立てればこちらが立たず・・・って事ばかりです。


ただ、僕としてはトータルで考えるとフィルタリングした方が結果は良く、

いわゆる「ドローダウン期」を避けられることもあって、

こっちの方が良いかなとは思っています。

そして2018年のドル円はたまたま成績が良かっただけだろう・・・と解釈します。



で、他の通貨ペアでも同じようにフィルタリングルールを適用させたところ、

やはりトータルでは勝率やプロフィットファクターが良くなったので、

とりあえずはこのフィルタリングを考慮しながら検証していこうかな・・・

と考えています。


一応、勝ちやすい相場や負けやすい相場は分かってきたので、

次はもっと過去にさかのぼって検証して、トータルの優位性について

確認していくつもりです。

地味ですがコツコツ頑張ります。



更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。



にほんブログ村 為替ブログへ



僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細



プロフィール

のってぃー

Author:のってぃー
FX歴11年、専業になって5年目になります。GMMAとRCIで毎日スキャっています。

無料レポート集


FXで安定して稼ぐためのPDFレポートです。
⇒ダウンロードする

テクニカルトレード手法の僕の考えについてのPDFレポートです。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

2016年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

2017年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

2018年度に書いた記事の一部を加筆修正したレポートです。
⇒ダウンロードする

僕の執筆したトレーディングマニュアル販売中です。⇒詳細

クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

獲得pips(ポン円+ユロドル)

2014年
6月:483.3pips
7月:559.4pips
8月:206.4pips
9月:628.5pips
10月:788.5pips
11月:589.5pips
12月:335.5pips

2015年
1月:446.5pips
2月:484.8pips
3月:501.5pips
4月:493.4pips
5月:152.9pips
6月:433.8pips
7月:712.7pips
8月:354.3pips
9月:645.6pips
10月:482.3pips
11月:351.2pips
12月:384.1pips

2016年
1月:835.9pips
2月:853.5pips
3月:482.3pips
4月:422.5pips
5月:643.2pips
6月:423.5pips
7月:636.1pips
8月:231.6pips
9月:489.5pips
10月:397.3pips
11月:567.1pips
12月:251.3pips

2017年
1月:387.1pips
2月:409.4pips
3月:287.3pips
4月:376.4pips
5月:464.3pips
6月:411.3pips
7月:381.3pips
8月:364.3pips
9月:621.4pips
10月:472.1pips
11月:384.2pips
12月:163.4pips

2018年
1月:461.2pips
2月:441.5pips
3月:324.9pips
4月:354.7pips
5月:477.6pips
6月:364.0pips
7月:187.1pips
8月:223.3pips
9月:564.2pips