5月30日分のトレーディング

どうもノッティーです。

今日は戦意喪失状態なので遅めの更新です。

戦意喪失、というのは、昨日のロンドン時間のクソ相場のおかげで
大負けしてしまって、全てにおいてやる気がなくなったからです。

 

 

 

というのは嘘です。(負けたのは本当です)

実は昨日の18時過ぎくらいから背中の右側の腎臓の部分が痛み出して、

トレードできる余裕がなくなったんですよ・・・。

なので早急に仕事を終わらせて
「もしかしてコレが尿路結石?これからもっと痛くなるの?」
と思いながら超不安な夜を過ごしたわけです。

実は僕の家系は石ができやすい体質で、よく父と兄から脅されるんですよね・・・。

それが「今日来たか!!」と本当に恐ろしい思いでした。

ですが、腎臓が痛い状態は続くものの、脂汗が出てのたうち回るほどの
痛みではなく、何とか夜は眠れました。

そして今日、泌尿器科に産まれて初めて行ってエコーやら尿検査を
してもらったんですが、『特に異常なし』との診断。

腎臓から石が見つからない、尿に血液が混じっていない、
本当の結石ほどの痛みではない、という理由でした。

あと考えられるのは、かなり小さな石があるか、筋肉痛かとのこと。

小さな石の場合はそんなに痛くならないから出るまで待ってくれ、とのこと。

そして筋肉痛の可能性?

「背中の右腎臓の部分だけピンポイントで筋肉痛来ますかね?」
と不思議に思ったんですが、一応鎮痛剤だけもらって帰りました。

まだ痛みは続くんですが、少し安心しました。

でも、今日はもうトレードする気にはなれませんな。

だって、今まで腎臓が痛い経験なんて一度もなかったから、恐いよね。

さて、相場の話ですが、ポン円がまたまた安値を更新していますね。

現在は137円60銭ちょっと。ゴリゴリと安値を更新中です。

僕は昨日の相場を見て、てっきり底値圏の揉み合いに入ったかと思ってましたし。

ポンド円

20190530.png

1回目:-4.7pips

最初の目線は上。

トレード開始してすぐにロングしましたが撃沈。

その後はチャートが乱れ始めて、EMA100を上下に跨ぐ動きだったので
様子見をしていました。で、腎臓が痛くなってそのまま終了です。

明日、このブログを移設します

明日、僕の体調が良かったらこのブログを移設します。

FC2ブログを卒業して、ワードプレスに移りますので、
このブログが表示できない時間があると思います。

ご不便をおかけして申し分かりませんが、ご了承よろしくお願いします。

また、サポートブログのサーバー移設は完了しました。

サーバーが変わっただけですのでURLに変更はありません。
今後ともよろしくお願いします。

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

  1. 社蓄トレーダー より:

    自分は3-4年前に結石で病院に搬送されました。
    20代でしたが意識飛びそうなほどで身動きがとれない状態でした。
    尿は真っ赤でそれを見た時もクラッと来ました。
    まだ石が大きくないから尿で出るだろうということで終わりましたが・・

    そして今年5月に腰痛?だとは思いましたが場所がちょうど結石の時と同じ場所でとりあえず病院に行きましたが結石ではなく筋肉痛?みたいな診断されました。
    まぁ痛みも軽い腰痛くらいでしたが完治したのが1ヶ月くらい後のことです。
    リハビリも1回だけ行きましたが自宅でできることはやりました。
    腹筋とか散歩とか。

    いつ痛みが出るかわからないのが怖いです。
    お大事になさってください。
    専業ののってぃーさんは特に運動不足からくるのではないですかね

    • のってぃー のってぃー より:

      社畜トレーダーさん

      やっぱり結石は恐いですね。
      体験談を聞くだけで他人事ではないため震えてしまいます・・・。

      そして今年の5月は筋肉痛みたいと僕と少し似ていますね。
      筋肉痛にしてはピンポイント過ぎるかなと僕も思っているので、
      要注意している所です。

      結石の恐いのはいつ来るか分からないところですよね。
      最近は敏感になって、ちょっと腹部に違和感があるだけで
      結石を疑ってしまいます。

      まずは生活習慣ですね。

タイトルとURLをコピーしました