7月11日分のトレーディング

どうもノッティーです。

昨日のロンドン時間のポン円はクソ相場の極みみたいな
動きでしたねぇ・・・。

チャートが乱れまくったスーパーレンジで酷いものがありました。

でも、ニューヨーク時間に入ってからはドル円の急上昇のおかげで
ポン円も上昇して、深夜には一時148円も突破しています。

今のところは少し押してきていますが、それ以上にチャートがキタナイっすね。

で、昨日のトレードは最初はポン円でトレードしていたのですが、
17時頃からあまりのチャートの乱れっぷりに嫌気がさして、
損益がトントンくらいの状態でユロドル逃げました。

ユーロドル
20180711.png

1回目:16.8pips
2回目:-3.9pips
3回目:-3.1pips

最初はユロドルよりもポン円の方が向きが分かりやすいと
判断していて、確かにユロドルはしばらくレンジでした。

しかし、ポン円がもう荒くれまくった動きで「これじゃ勝てねぇ」
と判断して17時過ぎからユロドルに変更。

すると僕を待っていたかのようにレンジをブレイクしてきたので
ショートしていきました。

結果としては1勝2敗でしたが、まぁボラの無い相場を考えると
よく頑張った方かなと思います。

トレードでは「勝ちやすい相場を選ぶ」ってのは大事ですね。

もちろんトレードの勝ち負けはエントリーしてエグジットした時点で決まるので、
確実に勝てる相場を選ぶなんて事はできません。

でも、それまでの流れから自分の手法にあった値動きかどうかくらいの
判断はできるようになっておくべきだと思います。

勝てそうにない相場に立ち向かっても何の意味もありません。

難しい相場に直面して「オラ、ワクワクしてきたぞ!」なんて思うサイヤ人気質の人は
トレーダーには向かないですよね・・・。

難しい相場になったら、「トレードしない、警戒する、他の相場に行く」
という選択をするのが、正しいトレーダーの姿だと思います。

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました