2020年3月2日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日のポン円はなかなか面白い動きでしたね。

下窓スタートして東京時間では上昇、
ロンドン時間では強く下げるもニューヨーク時間では反転上昇・・・
とセッション毎に面白いくらいに流れが切り替わりました。

しかもボラが高くて相場の波もしっかりとしていたので、
どの時間帯でトレードしたにしても、月曜日にしては結構取れた方は多いかともいます。

まぁそれにしてもニューヨーク時間の上げは意外でしたね。
ダウ平均も過去最大の値上げ幅を記録したとのことで、
ダイナミックなジェットコースターになっています。

こういった相場はデイトレするなら面白いですけど、
スイングでやると往復ビンタになる可能性が高いです。

相場が荒れ狂うときは稼げるチャンスでもありますが、その分だけリスクもあります。
こういった時に威力を発揮するのが資金管理ですな。

3月2日分のトレーディング

1回目:-4.3pips
2回目:8.0pips
3回目:27.6pips

最初の目線は上。

東京時間からいい感じで上げていたので、ロングモードでした。

2回エントリーしましたが、その後は139円台になかなか定着できず、
ついには17時過ぎに下落。

グングン下げて、ついには138円を割る動きになりましたが、
エントリーチャンスもなくただ見ているだけの状態が続きました。

下げっぱなしだと入りにくいんだよねぇ・・・。

で、しばらくすると下げは落ち着くも、20時を過ぎて再度下落。
「待ってました!」とばかりにショートして利食って次のチャンスを待ちましたが、
そのままレンジに突入したので終了となりました。

僕がトレードを終了した時点では、「ニューヨーク時間でまだ下げるかも・・・」と思っていました。

でも結果はその真逆でしたね。

ポン円の日足的にはまだ下げる余地があると考えています。
ただし、あくまでも日足レベルの話なので、少し反発したりすることもありますが、強く下げてきた局面では積極的にショートして、いつもよりも長くホールドする戦略もありかなと考えています。

おかげさまでランキング上昇中です。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

トレード
僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました