トレード時間外にチャンスが来たら?

どうもノッティーです!

今週で2月も終わりですね。

最近ようやく少し寒さが和らいできたかな?と感じていたところなんですが、
その途端に花粉症の兆候が・・・。

朝起きると体がだるくて鼻が詰まっていて、
春になる事を考えると少々気が重いですね。

さてさて相場の方ですけども、ポン円は結構大きな上窓を開けてのスタートですね。

先週は現在底値圏となっている148円~150円あたりを上げて下げて・・・
という動きをしていましたが、この大きな窓が上昇を示唆するんでしょうか?

今週注目されるのはFRBのパウエル新議長の議会証言ですね。

雇用統計は来週になりますけど、変動がありそうな1週間になりそうな気がしています。

トレード時間外にチャンスが来たらどうする?

先週、マニュアルの購入者の方から
「トレード時間外にエントリーチャンスが来てもエントリーしないんですか?」
という質問メールをいただきました。

まぁ、エントリーしませんね。

僕のトレード時間は大体15時~22時です。

この時間帯はしっかりとチャートを見て、チャンスがあればエントリーしていきます。

でも、15時から22時の間しかチャートを見ていないわけではありません。

ブログを書いている午前中やそれ以外の時間でもチャートを見ています。

では例えばこの記事を書いているときに、かなり良いチャンスが来たらどうするか?

と言うと、「華麗にスルー」です。

そもそもトレード時間帯以外はMT4を起動させているだけで、
使っているFX業者の口座にログインすらしていませんから・・・。

僕としては自分の決めた時間帯以外でトレードはしたくありません。

慣れた時間帯でのトレードが一番落ち着いてトレードできますし、
いつでもチャンスがあればエントリーする、というスタイルでやってしまうと、
それこそ24時間寝ずにチャートを見続けないといけなくなりますので。

だから僕は、トレード時間外に相場がどう動こうと「知ったこっちゃない」と
思うようにしています。それが一番健全です。

トレード時間が選べる、というのはスキャルピングの利点の一つです。

だから兼業トレーダーの方からも人気が高いんでしょう。

でもその分だけ「相場との付き合い方、距離の取り方」が難しいとは思います。

トレードチャンスが多くてチャートに張り付いてしまいがちなスキャルピングは、
気づいたらトレードにのめり込みすぎてポジポジ病になってしまったり、
単にギャンブル的な遊びでFXをやってしまう結果になりますからね。

だからこそ、どこで入ってどこで出るかのトレード手法だけではなくて、
相場と適切な距離を保つためのルールは必要だと僕は思っています。

このルールがあるおかげで、いつも通りのトレードが出来るんですね。

実はかなり大事なルールだと思っています。

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました