8月28日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日のポン円、ユロドルは前日までの上げを引き継いで
ロンドン時間で上げていきましたが、ニューヨーク時間で下げましたね。

特にポン円はロンドン時間での上げ幅が全否定されて往って来いでした。

やぱり上が重い感じは否めないですな。

まぁそれにしても昨今のポン円のボラがなさ過ぎるのは如何なモノかと・・・。

1日で100pips未満の動きしかしない状態が続くなんて、
2008年後半から2009年のポン円相場を経験した人なら信じられないでしょうな。

あの時はまだスプレッドも広かったですけど、
それ以上に相場が動いていて、1回のトレードで100pips以上取る事も(損する事も)
ザラでしたからね。あぁ、懐かしい。

もうリーマンショックから10年経つんですね・・・。

そんなわけで、昨日は動きが小さくチャートも乱れがちなポン円とは
少し距離を置いて、ユロドルメインのトレードでした。

ユーロドル

20180828.png

1回目:-1.1pips
2回目:7.8pips

最初の目線は下。

でしたが、下げることなく上げてきたのですぐに上目線に。

結果的には上げたんですけど、まだ8月ということもあってか、
個人的には上げにくい動きが続いてなかなか入れませんでしたね。

ニューヨーク時間に入ってから勢いが増して、
2回目のエントリーで勝てはしたものの、消化不良感の残るトレーディングでした。

まぁ「今日はよく頑張ってトレードしたな!」と思える日の方が少ないんですけどね。

相場ってのは基本的に思い通りに行かないモノです。

満足いくトレードが出来た日なんて、自分の手法と相場の動きが良い感じで
合った時くらいのもんですよ。

トレードを終わっても消化不良感があると、またポジションを持ちたくなるものですが、
そんな時に新規にエントリーしても良いことはありません。

だって消化不良になるって事は、自分にとっては良い相場ではないわけですから・・・。
余計なことをして傷を広げないようにしましょう!

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました