1月15日分のトレーディング

どうもノッティーです!

メイ首相のEU離脱協定案、否決されましたねぇ・・・。

コレを受けて相場の方はドッと下げてポン円は137円台前半まで
突入しましたけど、すぐに大幅反発して139円台まで戻っています。

イギリスのEU離脱はもうグチャグチャですになってきてますね。

メイ首相は既に不信任案が提出されていますけど、
この状態を何とか出来る人なんているんでしょうか・・・。

あと2ヶ月半でEU離脱を前に、コレはヤバイ。

一応EU加盟国全てが合意すれば延長も可能らしいですけども、
確かに簡単では無いですよね。

イギリスはイギリス国内でも揉めてますし、EUとイギリス間でも
完全な合意があるわけでもないですし、今後もポンドは揺れ動きそうです・・・。

で、昨日のポン円ですが、東京時間では上昇して140円台を突破。
でもロンドン時間では地味に下げて行きました。

結果的にはそれなりに下げたんですけども、
僕にはエントリーチャンスが全くなくて、ユロドルメインでした。

ユーロドル

20190115.png

1回目:13.4pips

最初の目線は上。

でしたがそのまま下げてきたのでショートモードへ。

ただ、ポン円と同じくなかなかショート出来ない相場ではありました。

で、ようやく1回目のショートをするも、その後はヨコヨコのレンジが続いたため、
やる気を失ってそのまま終了でした。

どうしたら待てるんですか?

昨日、「どうしたら待てるようになりますか?」というメールを頂きました。

エントリーチャンスまで待てない、という人の場合、2つの要因があります。

1.エントリーポイントが明確に決まっていない
2.今の動きに取り残されたくないという思いが強い

多くの場合はこの2つのハイブリッドですね。

1の場合は、検証不足だったりルールが悪いですね。

自分がどういった所で狙いたいかが明確に決まっていない以上、
ちょっとでも良さそうだと思うとエントリーしてしまうのはある意味仕方ないです。

チャートを見ていて、「これからどんな動きをしたらエントリーするか?」

というシナリオが思い浮かばないと、無謀なエントリーを繰り返すことになります。

2の場合は、負けていて損失を取り戻したい!という気持ちが強いときに
起こりやすいですね。

他にも単に「トレードしたくて仕方がない!」「待つ時間がもったいない!」
という気持ちの時も、今の動きに取り戻されたくない!と思って無駄に入る事が
ありますよね。

この二つの要因から抜け出すには、

「自分のトレードポイント以外の動きには一切興味ない!」

と信じ込むことが大切かなと思います。

どんなに動いていても、自分の狙える動きでなければ仕方がない。

そう思えるようになる必要があるでしょう。

で、「自分のトレードポイント以外の動きには一切興味ない!」と信じるためには、
実際に検証して優位性を確認して、そしてダマされたと思ってその通りにやってみる。

そこで本当に利益が出せたのであれば、余計なことをすることは無駄であることが
信念のレベルで理解できるんじゃないかと思います。

まぁ簡単じゃないですけど、徐々に考え方を変えていけば、
気づけば「待つ方が楽じゃん!」という気持ちになりますよ。

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました