2020年1月30日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日はイギリスのBOEでポンドが上げましたねぇ。

利下げ予測も多かった中での据え置きということで、
ちょっとしたサプライズ的なものもあってドカッと上げていきました。

ポン円は、コロナウィルスの影響もあって週明けから下げ続けていましたが、
昨日の上げのおかげでようやく先週の終値のレートに近づけました。

ポン円日足です。

またまた長期EMA群に支えられて反発しているところですね。
今年に入ってからは何度も長期EMA群で反発してはいるんですが、
直近の高値を抜けるような動きにならないのが残念な所です。

で、同じ日足の縮尺を大きくして、GMMAを消したのが下のチャート。

GMMAを表示するとちょっと見えにくいんですが、
昨日の陽線は前の足をカバーする包み足になっています。

サポートされやすいゾーンで包み足が出ると信憑性も上がるので、
今後の方向としては上に行きやすいかなと考えています。

ただ、今日はEU加盟国としてのイギリス最終日でもあるので、
よくわからん動きをする可能性も十分にありますので注意したいところです。

1月30日分のトレーディング

1回目:1.3pips
2回目:-12.2pips
3回目:14.1pips
4回目:18.9pips

最初の目線は下。
ただ、トレード開始時はレンジっぽい動きだったので見ているだけでした。

そして16時を過ぎてから勢いよく下落。
「これは来たな!」と思って3回ショートするも微妙な結果でした。
(2回目のショートの損切りが痛かった。)

その後は戻りの動きとなって、それまでの下げを全戻ししたので
ロングモードになりましたが、BOEの21時が近づくと不穏な雰囲気に。

そしてBOEで噴き上げた後に最後のエントリーをして終了でした。

トレード前はBOEがどれくらい意識されるか不安だったんですけど、
発表前もそれなりによく動いた相場なんじゃないかと思います。

日本時間の2月1日午前8時にイギリスはEUを離脱します。
EUの後ろ盾のないポンドが、今後どういった動きをするのか楽しみです。

おかげさまでランキング上昇中です。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

トレード
僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました