1日にどれくらいトレード回数がありますか?

どうもノッティーです!

5月も半分が過ぎてしまいました。

これから段々と暑くなってくるのが嫌ですねぇ・・・。

夏の暑さ+パソコン&モニターの排熱はやっぱりキツイ。

僕は暑いと集中できないので、現時点でエアコン無いとトレードは厳しいですね。

毎年の事ですが、暑さの事を考えると憂鬱になってしまいますよ。

さてさて相場の方ですが、今日は静かなスタートですね。

北朝鮮がまたミサイルを撃っても相変わらず影響なし・・・。

先週のポン円は水曜日までは毎日高値を更新していきましたが、
木曜日と金曜日で下げてしまって、週足だと上ヒゲの目立つ陰線になりました。

今週はまた再上昇するか、もっと押すか明確な動きをしてくれれば
やりやすいんですが、多分、色々と上下して分かりにくい動きをする可能性が
高いかなぁと予測しております。

トレード回数について

1日にトレードチャンスはどれくらいありますか?
という質問をマニュアルに興味を持たれた方からよく頂きます。

このような質問をされる方は、トレード回数が多い方が良いと考える方が
多いようですね。

まず、僕の手法の場合はその日によって違うので何とも言えません。

全然チャンスが無い日もあれば、6回以上エントリーする日もあります。

日によって全然違うので、詳しくはこのブログのチャートを見てください、
としか言えないですね・・・。

確かにトレード回数が多いと色々なメリットがあります。

・1回のチャンスを見逃しても次チャンスがすぐにやってくる。
・忙しい時でも合間を縫ってサクっとエントリー出来る。
・トレードしたい欲求を沢山満たせる。
トレード回数が多い方が利益が出る。
などがのメリットが思い浮かびます。

確かに、期待値も勝率も高いエントリーポイントが分かる手法であれば
そりゃチャンスは多い方が良いですよ。

じゃ、質問です。現実問題としてそんな手法、ありますか?

bul.jpg

期待値も勝率も高くて、更には高頻度のトレード手法・・・。

つまり、どんな相場でも利益をサクサクといとも簡単にもぎ取る手法です。

それがあるとすれば、正に聖杯でしょう。

勝てる人のトレードの考え方は違っていて、
「いかにして無駄なトレードを減らすか?」を大事にしています。

過去の自分のトレード結果から得られた情報等を分析して、
自分には「ココでエントリーするのが向いている」と分かったところだけを
じっと待ってトレードするわけですね。

何でそんなに待つのか?というと、「そうしないと勝てない」ことを
経験として知っているからです。

トレード回数が多い方が利益を出せる、と言うのは
正しいように聞こえるのですが、実は必ずしもそうではないんですよねぇ。

まぁトレード頻度は使う時間軸にもよりますが、
勝てるトレーダーはその時間軸の中で無駄なエントリーは出来る限り
避けていると思います。

手法

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました