ここ10年でFX業界が変わったこと

どうものってぃーです!

予想外に静かな出だしの月曜日の相場です。

週末に米英仏によるシリア攻撃があったおかげで、
「こりゃぁ月曜の相場が荒れるなぁ・・・」と思っていたんですが、
今のところそうでもないようですな。

一応、攻撃を受けたのはシリアですけど、実質的な戦いは米英仏VSロシア。

これからどうなるんでしょうか・・・。

他にも気になるのが関税などの貿易に関する問題ですね。

今後もこういった情報が出る度に相場が反応していくんでしょう。

ファンダメンタルズが色濃く反映される相場が続きそうです。

ここ10年でFX業界が変わったこと

僕がFXトレードを始めたのは2007年。気づけばもう11年前のお話です。

長くトレードを続けていると、初心者の頃のことも忘れてしまうんですけど、
ここ10年でFX業界も色々と変わったなぁ・・・と思います。

今回は、FX業界がどんな感じで変わったかについて、
個人的な思いでも含めて書いていきたいと思います。

FX業者

FX業者も変わりましたよね。

10年前は今よりも沢山の業者がありました。FXゼロとかサザインベストメントとか・・・。

今の仮想通貨取引業者みたいに、かつのFXも認知度が上がるにつれて
FX業界に参入してくる業者は多かったですね。

まぁ中には悪徳なところもあって、顧客の損切りポジションが貯まっているところに
強制的にレートを動かしてストップ狩りをやったり、エントリーしても
100%不利なレートで約定したり・・・なんてことがありました。
(それが嫌でくりっく365に移ったこともあります)

まぁそんな中でレバレッジ規制とか信託保全のルール、それからスプレッド競争で
業者の統廃合が進んで現在に至る感じですね。

今は10年前と比べると、スプレッドも狭いし、約定力も上がっているので、
かなり良くなっていると思います。

情報商材

僕も初心者時代は情報商材を買っていました。

当時は5万円以上するものがザラで、中にはPDF数ページだけってのもあって、
購入後に呆然としたこともあります。

それでも当時から評判の高かった「ビクトリーメソッド」なんかは頭一つ抜けた解説で
チャートを読むための基礎的な勉強に凄く役立ちました。

で、昨年に僕も商材を数本買いました。

別にセールスレターを読んで商材が欲しくなった!というわけではなくて、
どんな感じで解説をしているのかな?という点で気になったからです。

(一応僕もトレードマニュアルを販売していますので解説方法が気になるのです。)
最近の商材は動画がメインのものが多いですね。

ただ、どうもこれからFXを始める初心者を対象としているのか、
FXの基礎知識から始まって延々と動画が続いて、
いざ本題の手法に入ると、軽くサラーッと終わるモノばかりだなぁ・・・と感じました。

ケーススタディ的なものも少なくて、購入者は本当に解説通りのトレードを
出来ているのか確認も出来ず、不安に感じるんじゃないかなぁ・・・
と思う商材もチラホラありました。

まぁ情報商材については、解説の表現方法が違っていても、
解説する手法の内容については大きく変わっていないのかなぁと感じます。

もちろん、昨年買った商材の中には、深く手法について解説しているものもあって、
僕もその解説方法を参考にさせてもらったモノもありますよ。

ブログなど

トレードをしていると、自分の考えを吐き出したり、整理するために
ブログをやりたくなるものです。

10年前も沢山のFXブログがあって、僕も色々と勉強させてもらったのですが、
今は少しブログの数が減ってきているのかな?と感じます。

その理由としては、ツイッター等が勢いを伸ばしたおかげで、
軽く書いていくだけの人はわざわざブログをやるのではなくツイッターで十分に
なっているからでしょう。

そのせいか、最近のFXブログは内容の濃いモノが多いですね。

無料ブログではなく、独自ドメインを取ってサーバー借りてやっている人も多いですし。
(ちなみに僕もこのブログを独自ドメインのブログに変更しようと思っていましたが、面倒になってそのままFC2ブログでやっています。教材のサポートブログは独自ドメインです。)

変わらないのはテクニカル分析の人気

10年間を振り返るとFXを取り巻く環境も変わってきたと思います。

でも、その中で変わらないのはテクニカル分析の人気というか支持ですね。

別にテクニカルを使わずにファンダメンタルズでトレードしても良いとは思いますが、
やっぱりテクニカルの汎用性やテクニカルだからこそ目に見えて分かる
手法の優位性なんかが人気の理由なんでしょうね。

それからMT4の人気も衰えませんねぇ。

そのおかげでメタクオーオツ社はMT5に顧客を移行させたいのに
MT4の人気が高すぎて移行できない現状があります。

まとめ

ちょっとざっくりですが、ここ10年のFX業界の変化についてまとめてみました。

10年でFX取引の認知度はかなり上がりましたし、トレード環境も良くなっていると
僕個人としては感じています。

今後も正常に進化し続けてくれたらありがたいものです。

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

  1. はる より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは!
    自分も10年近くFXをやっていますが
    最近はFX人気は下火なのかな?となんとなく思っています
    新規の方は仮想通貨の方が魅力的に映るだろうし、手堅い方?はあえてのFXよりも株を選ぶのではないかなー?と個人の感想です
    周りのFX人口もわかりやすく減ってしまいました^^;
    FX人口がもっと増えて盛り上がれば良いのにな~と思っています

  2. のってぃー より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はるさん
    FXも始まってからもうすぐ20年ですからね。
    これまでとんとん拍子で人気が上がってきましたけど、
    そろそろ「上昇トレンド」も終わりなのかも知れないですね。
    ただ、FXは一つの投資手段として知名度も株に近いレベルになっていると思うので、
    今後は人気が安定してもらえれば良いかなぁ・・・と思っています。
    やっぱりトレーダーが多い方が面白いですからね。

タイトルとURLをコピーしました