5月15日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日はドル高の相場でしたねぇ。

ドル円は久々に110円を突破しましたし、一方でユロドルやポンドルは直近の
安値を少し割るくらいに下げました。

で、ポン円はというと、乱れたチャートで大きく上下する流れになりました。
やっぱりドル円とポンドルの動く向きが違うと、ポン円はその間に挟まれて
やりにくくなりますね。

まぁそんなことが事前に分かっていたら、ドルストレートで積極的に
トレードしていくものではあるんですが、こればかりは後になってからしか
わからないからねぇ・・・。

そんなわけで昨日はポン円メインでの奮闘でした。

ポンド円
20180515.png

1回目:-8.0pips
2回目:2.0pips
3回目:2.2pips
4回目:11.8pips
5回目:6.1pips

最初の目線は上。
「チャートが乱れてるなぁ・・・」と思いながらも1回目のエントリーをしたら、
痛めの損切りに。

その後は大きく下げたり、失業率で今度は上げたり・・・と分かりにくい動き
だったので、「今日は負けかな」と思ったりしていました。

でも、4回目5回目で何とか挽回して終われました。

まぁ20時過ぎからのユロドルが取れていたらなぁ・・・とは思いますけどね。

何で1分足でトレードなの?

マニュアルを購入されたばかりの方から
「なんで日足や4時間足や1時間足や15分足等ではなく、難しい1分足のトレードを
 しているんですか?」

という質問を貰いました。

理由としては、FXを始めた頃の生活スタイルに1分足トレードが合っていた
ということになりますね。

当時は僕もサラリーマンをしていて、トレード出来る時間も限られていたので、
それならチャンスの多い1分足が良いかなと思ってスキャルピングを始めました。

まぁ他の時間軸で試したこともあるんですけど、結構せっかちな正確のせいか、
あまり長いことポジションを持つのが得意ではないので、
結果的に1分足に落ち着いた形になりますね。

で、そのまま専業になって1分足トレードのスタイルを貫いている感じです。
でも専業になった今なら、どの時間軸でトレードすることも可能ですし(時間的に)、
ゆくゆくはスイングに移行してもっと気楽にトレードしていきたいなぁ・・・
とは思っていますが、それはまだ先の話ですね。

同じ手法であっても、時間軸が変わると感覚がガラッと変わりますから、
再び練習しないといけないですし。

まぁそんな感じで1分足でトレードを続けています。

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました