9月26日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日のFOMCではアメリカの政策金利が0.25%引き上げられましたね。

アメリカは丁度10年前のリーマンショックの震源地ではあったのですが、
あれからダウ工業平均は2倍以上で史上最高値を更新し続け、利率も戻ってきました。

世界最大の経済大国は強いですね・・・。

それと比べて日経平均は日銀がETFを買って下支えしているのにもかかわらず、
バブル期の最高値はほど遠い状態。そして先の見えないゼロ金利政策。

伸びにくい給料に、信用できない年金制度。

明らかにに弱まっていく日本の国力を見ると残念極まりない感じではあります。

そんな今だからこそ自分で稼ぐ力を!
何も信用できない今だからこそ、自分のチカラだけで稼げることに価値があるのです!
FXなら、世界中どこにいてもお金を稼ぐことが出来るんですよ!

なーんて言うと、いかがわしい情報商材臭がプンプンしますけど、
確かに組織に束縛されずに、自分の力だけでお金を稼げるのは強いと思います。

まぁ良くも悪くも結果は全部自分に返ってくるという側面もありますけどね。

ポンド円

20180926.png

1回目:-7.3pips
2回目:3.6pips
3回目:-6.4pips
4回目:2.4pips
5回目:11.1pips

最初からしばらくの目線は下。

今週も月・火と上げていたので、ショートは少し新鮮でした。

・・・が、非常にトレードの勝手が悪い。

大きく下げたと思ってもすぐに反発してくる。

ストップを狩られてまたエントリー方向に戻ってくる。

こんな動きが続いてかなりストレスフルでした。

まぁポン円相場の流れが上昇の中での下落ですし、FOMCを前ともあって、
今思えば相場がガチガチしていたわけですねぇ。

相場にそこそこの波があって、狙う方向がしっかり定まっていたとしても、
やりにくい時はあるもんです。

FOMC後の相場ですが、ポン円はドル円の下落に引っ張られて下げてきており、
現在は148円50銭ほど。

昨日の動きを見る限りではちょいと149円を抜けるのにエネルギーが必要な感じですね。

今日は21:30からアメリカの重要指標が重なり、22時以降もドラギ総裁、カーニー総裁、
パウエル議長の発言が続きますので、何かあるかもしれないですね。

逆に言えばロンドン時間は面白くないかも・・・。

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました