肩こりの原因はコレでした。

どうもノッティーです!

10月も今週で終わりですね。

世間はハロウィンムード一色ということですけども、
よくもまぁ、ケルト人の文化が遠く離れた日本で普及したもんですね。

イベンターの人たちからするとハロウィンも一つのイベントとして
確立されたおかげで、多くのビジネスチャンスが舞い込んでいることでしょう。

さて、相場の方ですけども月曜日の朝のポン円は穏やかなスタートですね。

先週は月曜日から下げ続けたおかげで、147円台から一時は142円台を割り込むくらいに
レートが下がりました。

まぁ、ロンドン時間メインで取引していた僕としては、
そこまで下げた印象はないんですけど、ニューヨーク時間で下げまくりましたからねぇ。

おかげでポン円の週足では結構目立つ大陰線が確定しています。

現在の流れとしては明らかに下ではありますけど、
今週は月末&月初要因や雇用統計をはじめとした多くの指標がありますので、
調整的な動きになるんじゃないかな?と思っています。

ショートしておけば勝てる楽な相場ではなくなる可能性もありますので、
舐めずにトレードしてきましょう!!

肩こりの原因はコレでした

僕は以前から「肩こり(主に肩甲骨)がキツイ・・・」と記事でも書いていました。

キツイときはイスに座ってモニターを見るのも辛くて、
仕事もやってられない状態でした。

そこでなんとか改善すべく色々と手を尽くしました。

・メガネの変更
・モニターアームの変更
・イスの変更
・ストレッチ

肩こりのおかげでトレードや検証に悪影響が出たら大損害だ!

と考えて、お金をかけてきたわけです。

上に挙げたモノだけでも20数万円の投資です。

おかげである程度改善はされましたが、まだキツいときはありました。

そして2週間ほど前に、とあることに気づきました。

「肩こりの原因って、キーボードじゃね?」と。
僕はブログを書いたり、トレードノートをまとめたりするのに、
キーボードを多用します。

キーボードって基本的には横に長い長方形型ででキーも縦横キレイに
並んでいるわけですが、そのせいで妙な体制になって、肘から肩甲骨に負担が
かかってんじゃないか?と思ったのです。

ちょうどそれまで使っていたキーボードも古くなっていたので、
試しにマイクロソフトの変な形のキーボードを買って使ってみました。

aa.png
Sculpt Ergonomic Keyboard for Business

結論から言うと、コレが大正解。

使い始めて2日くらいまでは妙な形のキーボードのおかげで、
ミスタイプばかり&指が異様に疲れていましたけど、

それ以降は本当に使いやすくて、肩こりも激減しました。

キーが斜めに配置されているおかげで、肘や肩の負担が本当に減っています。

肩こり対策としてこれまでに色々とお金をかけてきたなかで、
このキーボードが一番効果がありました。

っていうか、もっと早く換えておくべきだった・・・。

このキーボードのおかげで、椅子に座っていられる時間が長くなって、
トレードや検証にも集中できるようになりました。

そういった意味で凄く価値のあるキーボードだと思います。

もしパソコンを使った仕事をしていて、肩こり(特に肩甲骨)で悩んでいたら、
キーボードを疑ってみるといいかもしれないですね。

マッサージ1回分の費用で大きな効果が得られるかもしれないですよ。

雑談

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

  1. いつすけ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは^^いつもブログ楽しく拝見させていただいてます。
    前から思ってたのですが、ノッティーさんはトレードに関してもそうですが、自分の事に関しても分析力が鋭いですね。やはり専業ならではの身体的な要素も、トレードを続ける上で大事なんだなあと改めて感じました(^^)

  2. のってぃー より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつすけさん
    言われてみると、僕は色々と調べたり分析して試行錯誤するの好きなのかもしれないですね。
    専業トレーダーは座っているだけで楽に思われがちですが、
    座っているからこその悩みもあったりするんですよね。
    なので体の管理も他の仕事と同様に大事なことだと思います。

タイトルとURLをコピーしました