2022年6月15日分のトレーディング | GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

2022年6月15日分のトレーディング

どうもノッティーです!

深夜に発表されたFOMC政策金利・声明発表では、約27年ぶりに0.75%の金利の引き上げが決定されたことを受けて、相場が乱高下しましたね。

発表直後こそは全体としてドル高に傾いたものの、しばらくしてドル安に反転。
ドル円は下落、ユロドルやポンドルは上昇となりました。

昨日の動きを見る限り、どうもドル高の流れは一度落ち着きそうな感じですね。

で、我らがポン円は弱いながらも反発。
先週の木曜日から陰線が連続していましたが、ようやく小さい陽線が確定しました。

ポン円日足です。

現在は長期EMA群まで押して反発してきたところですね。

これからポンドルの上昇が強ければ、また上げていくと思いますが、
現状では直近の高値はブレイクせずにダブルトップで終わるかな?と考えています。

6月15日分のトレーディング

1回目:-9.6pips
2回目:-6.5pips
3回目:9.5pips
4回目:12.1pips

最初の目線は下。

トレード開始前から結構下げていたこともあって、積極的にショートしていく戦略でした。

・・・・が、15時を過ぎてしばらくすると勢いが落ちてきました。
おかげで1回目のエントリーは損切りに。

それからヨコヨコを経て17時を過ぎてからは上昇。
ここから目線を上に変えて2回目のエントリーをするも、またもや不発。

「なんか嫌な展開だなぁ・・・・」と思っていると、
徐々にチャートが乱れて手を出したくない流れに。

18時から20時ごろまでは完全にヨコヨコのレンジで、手を出したらやられる動きでしたね。

しかし、20時を過ぎてから再度上昇。
「スクイーズからのブレイクだ!」と判断してまた積極的に2回ロング。

これで何とか取り戻して終了となりました。

昨日の記事でも書きましたが、日足的に微妙な位置にあるため上下の動きが激しかったり、
チャートが乱れたり・・・と嫌な動きでしたね。

まだ嫌な動きなりそうな価格帯にありますし、今日は20時からBOEがあります。

最近はインフレ具合とと政策金利が注目されていますので、
今日もそれを意識した動きになりそうです。

おかげさまでランキング上昇中です。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

トレード
僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました