6月27日分のトレーディング

どうもノッティーです!

芸能界の闇営業・・・というか反社会勢力とのつながりが問題になってますね。

今の社会では暴力団とかとのつながりがあるとアウト!となるわけですが、
芸能や興業の世界って、そういった人たちがあってナンボのモノだったわけで、
今更そういったつながりを切るの難しいんじゃないかという気がしますね。

今は芸人さんばかりが目立っていますが、歌手の人たちも
ダーティーなつながりはあるでしょうね。

それから政治家も・・・。

まぁカタギの世界のどっかで繋がらないと反社会勢力もやってられないわけですからねぇ・・・。

さて、昨日の相場ですが、ロンドン時間は全くもって面白くなかったですね。

東京時間から強い動意で上げるも続かない。
ようやく直近の高値を抜けるも、それ以降はレンジでニューヨーク時間に入って下落・・・
というロンドン時間だけ動かない相場でした。

6月27日分のトレーディング


(チャート及びトレードの詳細は、教材購入者専用のサポートブログで解説しています)

1回目:4.7pips
2回目:2.2pips

最初の目線は上でしたが、スーパーヨコヨコだったため傍観。

それからしばらくして明確な勢いと共に上昇してきたのでロング。
利確後は下げるもショートできる状態では無かったのでまた傍観。

その後はまた上下。
で、20時前にレンジっぽい流れながらもロングをしたのが2回目。

それ以降はまた地味に下げて・・・の動きだったので
「今日はレンジか・・・」と思って、そのまま終了となりました。

6月は歴代トップレベルで相場が動かない

今週はほんとトレードしにくいですね。

この理由はレンジ性が強くて、トレンドが続かないことにあります。
今週はロンドン時間でレンジになりやすく、
入れるチャンスも少ないし、ボラも狭いので取りにくいトレードばかりです。

いや、思い返せば6月全体がクソ相場続きだったような・・・。
そう思って月足チャートを見てみると・・・。

ポンド円月足

全然動いてねぇ
現時点(6月28日)での6月の値幅は2円95銭(295pips)程度。

これは酷い。
全く動かなかった印象の強い4月の値幅を下回っています。

過去の月足チャートを見てもこれだけ動きの小さな月は見当たらなかったので、
データをあさって、2001年から現在までの月の値幅(高値-安値)が小さかった月を
並べてみました。

順位 年月 値幅
1位 2006年9月 139pips
2位 2014年7月 276pips
3位 2019年6月 294.pips
4位 2003年9月 307pips
5位 2017年3月 322pips
6位 2014年8月 342pips
7位 2019年4月 342pips
8位 2011年12月 350pips
9位 2005年8月 356pips
10位 2014年6月 364pips

なんと6月は歴代3位にランクイン!
そして7位には2019年4月がランクイン!

全然嬉しくない・・・。
2019年はまだ半分しか過ぎていないのに、2月もランクインしているなんて・・・。

ポンドが悪魔の相場だなんて、もう過去の話ですね。

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました