12月5日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日は早朝から晩夜中までよく動きましたねぇ。月曜だったのに。

ポン円なんて朝にドカッと142円台まで下げてから
ニューヨーク時間前半には146円台をほんの少し抜きましたからね。

で、夜中にまた下げて今は144円台。目まぐるしいですね。

1日レベルでこれだけ大きく上下する状態を見ると、
「そろそろ上昇の勢いも衰えてきてるかな?」

とは思えるのですが、まだまだ押し目を狙うスイングトレーダーたちは
多いでしょうから、決め付けてかかるのはよろしくないですね。

で、昨日の僕ですが、午前中に葛根湯を飲んで寝て
昼過ぎに起きたら体調も良くなっておりました。

ポンド円

20161205.png

1回目:14.2pips
2回目:23.8pips
3回目:5.3pips
4回目:-12.0pips

最初の目線は「レンジだなぁ」
体調も回復して「よしやるか!」という気分で始めたわけですが、
動きが全然なくてやる気を失っていました。

でも16時を過ぎてから明確に勢いよく上げてきたのでロングモードへ。

以降はずっと上方向を狙いました。

11月の大統領選から約1か月。相場は大きく動きました。

現状のポン円の日足はこのようになっています。

20161205d

茶色いEMA100を見なければ、GMMAがキレイにそろってきています。

大きなパラメーターを使うGMMAですら上昇トレンド入りしていますから、
他のインジでもきっと上向きをさしていることでしょう。

でも「この状態からロングしたいか?」と聞かれたら
「ハイ」とは言えないですね・・・僕としては。

狙うとすればもっと押してからロングしたい…そんなチャートです。

でもこれは僕個人の意見であって、世界中には色々な考えの人がいて、
色々な時間軸を使って、色々なところでトレードしています。

それに加えて為替差益を求めない実需の取引もあります。

ここからドカっと上げることも否定できないのです。

だからこそ相場の予測は難しいです。ピタリと当てるのは無理でしょう。

でも自分の優位性のあるルールに基づいて「こうなったらエントリーしよう」
というプランを持ってトレードを続ければ、1回1回のトレードで負けることがあっても
トータルでは勝てるはずです。

当てられなくても利益は出るんですよね。

当てに行かない、予測はしない。

ただ自分のルールに従ってトレードする・・・。

今みたいに相場が大きく動いていて、ニュースでは色々なアナリストが
今後の相場を予測しているので、トレード経験が浅い人は彼らの意見だったり
相場の雰囲気にのまれてしまうかもしれません。

でも、それは決して良くは無いと思います。

自分の強い意志と考えでトレードするべきですから。

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました