12月5日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日も上げましたね、ポン円。

ただ、ドル円が下げたためにポンドルほどの上昇とはならず、
昨日のポン円の日足は小さな陽線が確定しただけとなりました。

ドル円に足を引っ張られるのはキツイねぇ・・・。
ドル円もポンドルも一緒に上げてしまったら面白いんですが、
そう都合の良い動きはしませんわなぁ・

で、ポン円は今年の5月以来、久々に143円を突破。

日足レベルでのブレイクであるならば、もっと動いても良いとは思うんですけど・・・。

勢いが継続して欲しいもんですよ。

12月5日分のトレーディング

1回目:12.5pips
2回目:-5.1pips

最初の目線は下。

ですが、前日に目立って上げた後だったため、「上げてこないかなぁ」と待っていました。

すると16時頃から急上昇。
「よし、これは行ける!」と考えてロングしていきました。

でも2回目で損切りにあって「あれれ?」と相場の勢いに疑問を感じました。
それから18時頃には勢いが弱まり、以降はレンジ相場に。

それでも「まだ上げる可能性はある」と考えて明確に上げてくるのを待っていましたが、
21時を過ぎると流れは逆に。

「今日は思っていたよりも良い動きしなかったなぁ」と思って終了でした。

昨日は初動で目立ったトレンドが発生して、その後はずっとレンジという面白くない相場でした。

現状は日足レベルでは凄く良い流れになっているので、期待をこめてロングしたくなる
気持ちもあるんですが、それだけじゃダメですよね。

やっぱりメインで見ている1分足が最重要。
1分足で狙える動き、エントリーしたくなるような動きをしていないと、
トレードしてはいけないですよね。

チャートからは本当に多くの情報が得られます。

時間足によって違ってくるトレンド、ローソク足の大小、インディケーターの挙動・・・。

これらの情報の中で、何を重要視するのか?でトレードは変わってきます。

情報の序列がしっかりと決まっていたら、一貫して再現性の高いトレードが可能になります。

でも逆にその時の気分によって重要視する情報が違っていたら、
行き当たりバッタリの感覚的なトレードになります。

どっちが勝てるかは言うまでもありませんよね。

  1. 自分がどんな情報を使ってトレードするのかを明確にする
  2. 使う情報の序列を明確にする

この二つ明確化がなされていないと、勝ち続けるのは難しいと思いますよ。

ここがしっかりとできるようになると、トレードでの迷いは大きく減るのは言うまでもありません。

おかげさまでランキング上昇中です。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

トレード
僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました