2020年1月15日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日のポン円もちょいと小粒な値動きでしたねぇ・・・。

流れとしては東京時間で少し上げて、欧州時間で下落。
その後はニューヨーク時間で戻していく・・・という、またまた往って来いな動きでした。

現状としては142円~143円台のレンジではあるんですが、
一応は底が堅めかな?という印象はあります。

ポン円日足です。

GMMAを一緒に表示させると微妙に上げて来ている感じはしますが、
まだまだレンジです。

1分足でトレードしていてもこうやって小粒が続くことはよくありますけど、
日足レベルで続かれるとやっぱキツイね。

ここからレンジをブチ破ってくれたら良いんだけど・・・。

昨年10月~11月にかけてのスーパーレンジ相場の再来だけは避けたいところです。

1月15日分のトレーディング


(トレードの詳細については、サポートブログで解説しています)

1回目:1.4pips
2回目:-8.9pips

最初の目線は上。
良い感じで上げていたのでロングするも、頂点からの大陰線で含み益を大幅に逃がしました。

昨日の午前中にやった仲値トレードと同じような結果でしたね。

で、その後はレンジを経て下落。

ある程度下げるまでは静観していましたが、そこそこ下げてきたのでショートモードに。

そしてようやく狙える所でショートするも損切り。
結果から見れば、18時半の指標待ちだったようです。

以降は狙える動きもなく、21時からはレンジになったと判断して終了。

一応はトレード時間帯に動きはあったものの、個人的にはやりにくい相場でしたね。

トレードをやっていたら勝てない・勝ちにくい相場に遭遇するのは当然ですから、
仕方がないと考えて、気持ちを切り替えて今日もトレードをしていきたいと思います。

トレードでは「取り返そう」と思う気持ちこそが諸悪の根源ですから。
いつも通り、ルールに従って、淡々と。

おかげさまでランキング上昇中です。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

トレード
僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました