2020年6月18日分のトレーディング | GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

2020年6月18日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日のポン円はガッツリと下げてしまいましたねぇ・・・。

東京からロンドン時間にかけては小幅なレンジ相場でしたが、
21時過ぎから明らかに流れが変わって急落。

133円も割ってしまいました。

おかげで、6月序盤に急上昇した分が全否定された形になっています。

ポン円日足です。

大きな打ち上げ花火が落ちてきた感じですよね・・・。
現在のポン円の月足を見ると、上ヒゲの長いほぼ実体の無い足になっています。

これだけの上げを否定するわけですから、今後は下げの方向に向かいやすいと考えたほうが良いでしょうね。

ただ、最近の相場は本当に予想外な動きをするので、決めつけは禁物です。

6月18日分のトレーディング

1回目:-5.6pips
2回目:0.9pips
3回目:5.7pips
4回目:19.1pips

最初の目線は下・・・でしたが、少々レンジっぽい感じのする相場でした。

で、トレードを始めてしばらくすると上げてきたのでロングするも損切り。

その後はチャンスもなく眺めていると、やはりレンジっぽい動きが継続していました。
途中で2回目のショートをするも微益。

19時前からそれなりに下げるも、狙いにくい動きだったのでエントリーは無し。

「今日もクソ相場だなぁ・・・」

と思っていると、20時のBOEで急上昇。

「指標待ちだったのねぇ」と上目線に変更しましたが、ズルズルと下落。

しかも21時を過ぎると更に強いボラを伴って下げてきたので、
「ようやく来たか・・・」と3回目、4回目のショートをして終了となりました。

やっぱり動きが出るのはニューヨーク時間ですねぇ。
今週はその傾向が強くて、ロンドン時間はレンジばかりです。

まぁそんなことを嘆いても仕方が無いんですけど、
15時から17時あたりに発生する強烈なトレンドが好きな僕としては残念な限りです。

またいずれロンドン時間で動く時も出てくると思いますので、
その時に期待するしかないですね。

おかげさまでランキング上昇中です。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

トレード
僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました