手法のサイクルを把握して、常に先読みしておく | GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

手法のサイクルを把握して、常に先読みしておく

どうもノッティーです!

週明けのポン円は久しぶりに目立った窓も開かずにスタートしています。

先週はイギリスのEU離脱に関する採決で大きく上下したポン円ですが、
結果的には直近の高値を少し更新。

先週の今頃では予想できなかったほどに大きく上げました。

3月の1週目にかなり強く下げたおかげで、悲観ムード一色だったんですけどね。

今のレートは148円25銭。

僕個人としてはここから150円台を突破してもらいたいところですが、
それもブレグジットのネタ次第かなという感じですね。

常に先を読んでおく

自分のトレード手法について習熟してくると、
現在の相場が自分のトレード手法の中でどんな状態なのかが
すぐに分かるようになってきます。

例えば僕の場合だと

1.エントリーからほど遠い状態
2.動き次第でエントリー出来る状態
3.一応エントリー出来るけどエントリーしたくない状態

この3つに分けることが出来ます。

1.エントリーからほど遠い状態というのは、
5分足と1分足の向きが逆方向の時ですね。

この時は様子見で条件が揃うまでは手出ししません。

僕としてはトレード中のリラックスタイムになります。

2.動き次第でエントリー出来る状態というのは、
5分足も1分足もトレンドの条件が揃っていて、
あとは1分足で良い動きが出たらいつでも入れる「エントリー待ち」です。

ピリピリしながらチャートを見ています。

3.一応エントリー出来るけどエントリーしたくない状態は、
トレンドの条件としては悪くないけど、エントリーするとダマシに合いやすい
状況のことです。この時が一番悩みます。

この3つはサイクルのようにぐるぐる回っています。

で、このサイクルに関して僕個人として大事だと思っていることが2点あります。

1.チャートをぱっと見ただけで、現状は3つのサイクルの中のどれなのか?を認識出来ること。

2.今後どうなったらサイクルが変わるのか、そして、どうなったらエントリー出来るのか?を常に先読みしておくこと。

この二つは凄く大事です。

特に相場の動きの速い1分足スキャルピングでは欠かせないスキルじゃないかな?
と思っています。

1については、僕はGMMAを利用してサイクルの認識を楽にしています。

2についてはトレードするときに常に意識して習慣化する必要があります。

そうじゃないと、行き当たりばったりのトレードになってしまいますので・・・。
トレーディングは他のトレーダーとのカネの奪い合いです。

ですから、自分なりのやり方で常に現状を把握しつつ、
「今後の動きをがこうなったら、自分はこう動く」とプランニングしておかないと
すぐにやられてしまいます。

これが上手にできればスムーズに相場の動きにも対応できますし、
想定外の動きがあればトレードを止めるという選択肢も使えます。

上記の事を習慣化するだけでも、トレードに大きな向上が見られるでしょう。

おかげさまでランキング上昇中です。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

手法
僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました