6月20日分のトレーディング | GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

6月20日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日のポン円は上窓が開いたわけなんですけども、
窓埋めせずにズルズルっと上げ相場が続きましたね。

ニューヨーク時間で多少下げたけど、それでも152円台をキープしてます。

まぁ相変わらずやる気のなさそうなチャートですけど、
それはもう仕方がないと割り切ってトレードするしかなさそうです。

ポンド円

20160620.png
(チャート及びトレードの詳細は、教材購入者専用のサポートブログで解説しています)

1回目:1.8pips
2回目:33.4pips
3回目:12.4pips

最初から最後まで目線はずっと上。

だけど期待はしてませんでしたね、この時期ですから。

そんなわけで狙えそうなところをじっくりと待ってエントリーする、という
トレードの基本に忠実に従って取引しました。

まぁ僕としては上等なトレードが出来たと思ってます。

昨日とんでもないニュースがありましたね。

造幣局職員が6300万円相当の金塊窃盗容疑 「外国為替証拠金取引の損失を穴埋めに」

独立行政法人造幣局が保管していた約6300万円相当の金塊を盗んだとして、埼玉県警は20日、窃盗の疑いで、同局東京支局職員、梅野穣容疑者(54)=さいたま市西区=を逮捕した。
逮捕容疑は1月5日午後4時半ごろ、東京都豊島区の造幣東京博物館に保管されていた金塊を盗んだとしている。県警によると、梅野容疑者は「外国為替証拠金取引の損失を穴埋めするためにやった」などと供述し容疑を認めている。

ぞ、造幣局の職員が金塊を盗んだ、しかもFXの損失の補てんに・・・。

造幣局員が金塊を盗むってのは聞きませんよね。

この職員は、展示してある金塊を「仕事で使う」と言って借りたらいのですが、
そのまま質に流してしまったそうで・・・。造幣局員なのにねぇ・・・。

更に問題がFXの損失の補てんに使ったってことですね。

まぁよくありますよ、こんな話。そこそこ偉い人が横領してFXの損失をカバーする話。
こういう人たちは、「もっとお金があれば損失分は軽く取り戻せる
と思ってるんでしょうね。

「損失分が返ってきたら、拝借した金を返せばいい」そう思ってるんじゃないかな?
だけど、お金が増えたところで売買技術が無ければ勝てるわけありませんから、
そのお金もドボンしちゃうんですよね。。。

それまでの取引で損失をだしているのに、更に大金を入れても勝てるわけがない
という至極当然な理屈が、それまでの損失によって頭がマヒして
考えが回らなくなってるんでしょうな。

トレードで損失を出すのは勝手ですが、社会に迷惑をかけたらダメですね。
きっと今後もこんなニュースは出てくると思いますが・・・

おかげさまでランキング上昇中です。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

トレード
僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました