10月16日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日のポン円もまた上げましたねぇ。

欧州時間初動では下げてしまいましたが、それ以降は上昇し、
夜中には一時的に140円も超えました。

エキサイティングな相場ですよね。
1日で普通に2円以上動く日々って、昔のポン円を思い出しますよ。

まぁどうせ一時的なボラだとは思いますけど・・・。
でもまだしばらくは大きな動きが期待できそうですね。

そんなわけで昨日は結果的には動いたんですが、
結構ピーキーな相場でトレードしにくかったですね・・・。

ピーキー相場とはノッティー用語で、瞬間的にはよく動くけど、
それ以外はからっきし動きが悪くてトレードしにくい相場の事を言います。

10月16日分のトレーディング


(トレードの詳細はサポートブログで解説しています)

1回目:9.8pips
2回目:-17.9pips
3回目:31.3pips

最初の目線は上。
速攻で仕掛けて良いところで利食いできたと思いきや次は下落。

ただ、この下げはどうも合わなくて見送りました。

それから17時を過ぎてからはまた瞬間的に大きく下げてまた地味に戻して・・・
という動きだったので、「嫌な感じだなぁ」と思ってチャートを見ていました。

で、それからしばらくして地味に上げてきたのでロングモードに。
今のような高ボラ相場では損切り幅も大きくなりますよね・・・。

そして流れが変わったのが21時過ぎてから。

地味な流れから一気に上昇・・・するも指標で全否定。
そこから地味に反発してきたところを狙って何とかプラスで終えられました。

ここの一連の大きな上げ下げは「どうなるんだ?」と固唾を飲んでチャートを見ていましたね。

質問回答

このような質問を頂きました。

のってぃーさんはトレード中(15時~21時頃まで)集中力はどのようにして維持されていますか?
例えば10月11日の相場ですと、2回めのエントリーの17:50あたりから、4回めのイグジットの20:20くらいまでチャートをずっと監視されていたと思います。

以前も書いたことがあると思うんですが、

基本的にトレード手法というものは、

エントリーからほど遠い状態⇒エントリーが近くなる状態⇒エントリー直前⇒
ポジション保有中&決済⇒エントリーからほど遠い状態・・・

というサイクルを繰り返しています。
現状がどういった所にあるかが分かれば、少し気を抜いてリラックスする事ができるわけですね。

また、日本時間の19時~20時過ぎはロンドン時間中でもあまり動かないことも多いので、
相場次第では席を外すこともあります。

で、例外的なのが10月11日のようにずーっとトレンドが続く相場ですね。

こういった相場は、

エントリーが近い状態⇒エントリー直前⇒ポジション保有中⇒エントリーが近い状態⇒

という流れが続くのでなかなか気が抜けません。
確かに疲れはしますが、ずっとモニターに穴が開くくらいじぃっと集中して
見ているわけでもないので、集中力が途切れるということは無いですね。
いつもよりは疲れますけど。

特に僕はポジションを持って含み益になったら、できるだけチャートを注視しすぎないように
しています。利確したくなるのを防ぐためですね。

こういったこともあってか、集中力はそこまで切れないかなと思っています。
まぁ要は慣れです。

専業になってもう6年目ですし・・・。

今の時期は涼しくなって良いんですが、
8月、9月の暑い時期は何故か凄く肩が凝って肩甲骨が痛くなるので、
そっちの対処の方が大変でした。(エアコンが悪いのかな?)

色々と体制変えたり、ストレッチしたり、懸垂したり・・・。

そういった肉体的に苦しい時期と比べたら、今はまだ楽かなと思います。

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました