新米専業トレーダーの苦難

どうもノッティーです!
気づけば今週で9月の相場も終わりですねぇ。
何というか、時間が過ぎるのが早いっす。
さてさて、先週のポン円相場ですけども、
木曜日まではEU離脱交渉に関してポジティブなネタも出たり、
ドル円が堅調に上げていったことも手伝って、一時は149円台まで上昇しました。
でも、金曜日にイギリスのメイ首相が「合意なき離脱も辞さない」と発言して
ガッツリと下げて、木曜日の大陽線を全否定してしまいました。
20180923.png
(ポンド円日足です)
木曜日に大陽線が出て、金曜日が包み足の陰線になっていますからね。
何というか、スマッシュを打ったらもっと強いスマッシュを打ち返された・・・
みたいな状況でしょうか。チャート的には上が重そうです。
まぁこんな感じで、最近はブレグジットを巡る小出しの情報のおかげで
相場が翻弄されていますね。
指標でもない時間帯にビューッと動くこともありますので、
注意してトレードしていきたいところです。

新米専業トレーダーの苦難

先週、専業トレーダーになられたばかりの方からメールを頂きました。
内容はこんな感じです。

・勝てるようになって2年ほど過ぎて6月に会社を辞めた。
・会社勤めの頃は給料の倍以上に稼げていた。
・いざ専業になったら、調子が崩れてしまい2ヶ月連続でマイナス。
・トレード時間を多く取れるから、もっと勝てると思っていたのに・・・
・今は損切りが恐くてトレードをしたくない。
・どうしたら良いの?

結構切羽詰まった内容です。
ですが、専業トレーダーになった人なら、多くの人が経験する苦しみでもあります。
僕も専業になって数ヶ月はキツかったですからね・・・。
会社の給料以上に稼げていたとしても、
実は会社の給料って精神安定剤的な役割をしていて、
「まぁ負けても給料があるからなぁ」みたいな考えが底にあるんですよ。
でも、会社を辞めてしまうと当然ながら給料がもらえません。
それを如実に感じてトレードするようになると、調子が狂います。
調子が狂うと、更に精神的に苦しくなって、もっとトレードで勝てなくなります。
悪循環です。
更にはそれまで給料で天引きされていた住民税や健康保険、年金なんかも
自分で支払わないといけないので目に見える支出も増えるんですよね。
コレがまたキツくてねぇ・・・。
僕の場合は幸いなことに嫁さんがフルタイムで働いているので、
ヒモ主夫として生きる道も残されていると思えていましたけど、
(僕は今もそれなりに家事をやっていますよ)
独身の方の場合は「再就職」の文字も浮かんでくるでしょう。
では僕がどうやって克服したかと言いますと、
検証で自分のトレードを見直して、ロットを落としてトレードを再開した」です。
専業になれるくらいに勝てていたわけですから、
トレードの技量はしっかりとあるはずです。
ただ、その技量を活かすための精神的な土壌がしっかりしていないわけですから、
もう一度自分のトレードをしっかりと見直して、
ロットを大幅に下げて心理的なハードルも下げてトレードを再開して
自信を取り戻すしかありません。
技術を向上させる、というよりは、自分を取り戻すための練習ですね。
僕の場合は、コレを続けた結果、トレードの調子は1ヶ月ほどで戻りました。
そこからロットを徐々に上げての再スタートです。
会社を辞めると生活環境や経済状況が大きく変わります。
更には会社を辞めるには莫大なエネルギーが必要です。
こんなことがあると、必然的にトレードにも影響があるんですよね。
そこから復活するには、自分のトレードを見直して、
低リスクのトレードからの再起・・・が一番手っ取り早いと思いますよ。

メンタル

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました