2020年3月4日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日のポン円は欧州時間の初動で下げはしたものの、
ニューヨーク時間で反発して上げていきましたね。

そのおかげで日足はそこそこの陽線が出て今は138円台中ほど。

まぁそれなりに値幅のある日々が続いているんですが、
日足を見ると、またヨコヨコの基調になってきています。

ポンド円日足です。

先週の金曜日にドーンと下げてEMA100を一気に下抜けたんですが、
その後はローソク足の陽線陰線がつづいて137円~138円50銭くらいの間でレンジになっています。

昨日一昨日の足を見ると、毛抜き底になっていますね。

ここ数年、ポン円はちょっと動きが出てきても、すぐにヨコヨコになりがちです。
コロナショックでもそれは変わらないようです・・・・。

まだ1日の値幅は広いからトレードできるんですが、
このままボラが小さくなると困るよね・・・。

3月4日分のトレーディング

1回目:2.4pips
2回目:22.1pips
3回目:9.9pips

最初の目線は上。

でしたが、レンジ性の強い上げが147時過ぎから続いていたので、
しばらくは見ているだけでした。

でも16時を過ぎて流れが変わって上げてきたのでロングするもほぼ不発。

「やっぱり上は重いか・・・」
と思っていると次は下落。

また良いところでショートチャンスが来たので2度目のエントリーをすると、
それがなかなかのヒット。

「やっぱり方向は下か!」と確信してその後もショートチャンスを待ちますが、
チャートがかなり乱れてしまってレンジっぽい動きに・・・。

19時半過ぎからは大きく上下に動きだしてボラが拡大し始め、
21時前にいいチャンスが来たのでロング。

これもエントリーは良かったんですけど、利食いが早すぎましたね・・・。
結構な利益を逃してしまいました。

まぁ仕方がないっすね。

3月5日分の仲値トレード

結果:5.2pips

少し久しぶりの仲値トレードとなりました。
最近はゴトー日を忘れていたり、ドル円の大きな動きで見送ったりしていました。

今日は9時前から急激に下げて来ていたので、「9時半過ぎに反発してきたら入ろう」
と考えながらこの記事を書いていました。

で、9時半過ぎに予定通りに反発を見せてきたところでロング。
エントリー後は良い感じで伸びましたが、40分を過ぎてからは停滞気味に。

「50分過ぎまでホールドするかな?どうするかな?」と思うも、
「仲値トレードは堅実に取っていけ!」という内なる声が聞こえたので利食い。

結果的にはそこそこ良いところで利食いできました。

おかげさまでランキング上昇中です。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

トレード
僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました