8月16日分のトレーディング

どうもノッティーです!

昨日のポン円はイギリスの雇用統計でドカッと上げるも続かず
ニューヨーク時間に入る頃には上げ分だけ下げてしまって、
その後FOMCで更に下げてしまいましたね。

で、今のポン円は141円台。

今年のポン円は142円~138円辺りが心地が良いのかわかりませんが、
よくこの辺のレートで停滞しますね・・・。

ポンド円

20170716.png

1回目:4.0pips
2回目:22.6pips

最初の目線は「上っぽいけど・・・」。

しかしそうは思いながらも1分足が結構良い動きだったので1回目からショート。

その後またいい感じでロングポイントが来たので2回目はロング。

以降はイギリスの雇用統計でドカッと上げはしたものの上昇は続かず、
ズルズルと下げていったために、エントリーチャンスも無く終了しました。

まぁ個人的には満足です。

昨日あたりからVALUというサイトのインサイダーっぽい疑惑が炎上していますね。

VALUというのは会社ではなく自分自身の株式(のようなもの)を発行して、
それを他の参加者に取引してもらうサービスのこと。

取引に使われるのはビットコインで、僕も約1か月前くらいに知って
「先進的だなぁ・・・」と思ったんですけど、
悪用しようとすれば簡単にできちゃったわけですね。

まぁ個人がVALUで株を発行した場合、株主は発行した人の人生について
何か文句を言えたり、発行人が死んだら残った遺産を相続できるわけもないので、
株式の考えとは似て非なるものだとは思いますが、
それでも人気のある人の株は売れるんですね・・・。不思議なもんだ。

今回の件の流れは、株の発行人が株価を上げるために色々と煽って
値段を吊り上げている間に関係者が全部売り抜けた・・・というもの。

これがホンモノの上場株式だったらインサイダーになるわけですが、
そもそもVALUは金商法の金融商品にも該当しないので、一応はセーフ。

詐欺罪になるかもしれんけど・・・。

最近ね、フィンテックという言葉をよく耳にするようになってから、
新たな投資商品が一気に増えたような気がします。

新しい投資商品ってのは億万長者になれる可能性を秘めてはいますが、
その分リスクも大きく、中には詐欺もあります。

僕も一応トレーダーの一人として、そういった情報は取り入れるようにはしていますが、
自分の慣れ親しんだフィールドである外国為替市場以外で戦うのは
ちょいと怖いなぁ…とは思いますね。

「少なくとも法整備が整ったモノじゃないと危険だわ・・・」
と思う僕は保守的なトレーダーなんでしょうか。

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました