11月21日分のトレーディング+ポン円月足値幅ランキング

どうもノッティーです!

昨日のポン円は東京時間からロンドン時間にかけて上昇して
141円近くまで進んだものの、ニューヨーク時間に入って下落。

またまた140円台前半までたたき落とされてしまいました。

っていうか、どれだけ140円台が好きなのかと・・・。
1ヶ月以上、140円付近をウロウロしています。

これだけ相場が動かないのは、僕がトレードを始めてから一番じゃないのか?
と思って、ポンド円の月足の値幅について調査しました。

その前に昨日のトレーディングからご覧ください。

11月21日分のトレーディング

1回目:0.7pips
2回目:1.7pips

目線はずっと上。

でしたが、トレード開始からしばらくはレンジっぽい動きが続いたので、
なかなかエントリーできず・・・でした。

ようやくエントリーしたのが18時を過ぎてから。
でもチャートが乱れている状態は続いたためほとんど取れず。

2回目のエントリーもイマイチ。

その後も一応チャンスを待ってはいたものの、ずーっとチャートも乱れていて
ボラも小さかった上に、良いチャンスもなかったのでそのまま終了でした。

こんな相場じゃぁ、やっぱつれぇわ。

11月のポン円の値幅がヤバイ

冒頭で書いたポンド円の月足の値幅の話の続きです。

現在は11月22日でまだ月足は確定していませんが、
ポン円月足レベルでこんなに値幅の小さい月なんてあったかな?と思って、
過去のヒストリカルデータからちょっと調べてみたんですよ。

すると凄い結果となりました。

ポンド円月足の値幅ランキング(値幅が小さい順 2001年~)

年月 値幅
2006年9月 1.39円
2019年11月(暫定) 2.203円
2014年7月 2.76円
2019年6月 2.943円
2003年9月 3.07円
2017年3月 3.224円
2014年8月 3.417円
2019年4月 3.42円
2011年12月 3.502円
2005年8月 3.56円

2019年の11月はまだ終わってはいませんが、なんと暫定2位の値幅の小ささ。
言い方を変えれば、「2010年代では最悪最低のクソ相場月」です。

まさか2010年代が終わる直前でこんなクソ相場が来るなんてねぇ。
ただ、まだ11月はあと1週間あります。
(もうここまで来ると、2位の座をキープして欲しい気持ちもありますよ・・・)

僕がFXを始めたのは2007年ですから、僕にとっても過去最低の動きであることになります。

また、2019年はトップ10の中に3つランクインしています。(11月も含めて)
今年がどれだけ動かなかったのかがよく分かりますよね。

一応動いたときもありましたが、その後は長期間レンジが続くため、
2019年は月レベルでピーキーな動きをしていることが分かります。
(動いたときと動かないときの差が激しいという意味です)

2019年が始まるときは
「今年でイギリスはEUを離脱するから、ボラも回復して大きく動くだろうなぁ」
と期待していたんですけどねぇ。

来年、本当にイギリスはEUを離脱するんだろうか?

トレード

更新の励みになります。
応援のクリックをよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログへ

僕の手法をまとめたトレードマニュアル販売中です。

GMMAとRCIを使ってトレンドの波に乗る手法です。

ついつい逆張りしてしまう方、
本気で勝ちたい!と思う方、
仕掛けるポイントが明確でない方、
この教材で頑張ってみませんか?

のってぃーをフォローする
GMMAとRCIで専業トレーダーになりました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました